ペッと暮らすための家づくり
大阪のリフォーム・注文住宅の工務店
WAKUWAKUハウス
ずっと安心ずっとワクワク

ペットと暮らすための家づくりとは?

こんにちは!大阪市で「ワクワクできる家づくり」を手がけるWAKUWAKUハウスです。

近年、特にコロナ禍以降は犬や猫を飼う方が多くなりました。
WAKUWAKUハウスでもペットを飼っているお客様からのご依頼が増えています。WAKUWAKUハウスでは、ペットと暮らすための家づくりにご提案することがいくつかあります。

 

■安全&お手入れしやすい床材を使う
犬や猫は複合フローリングだと滑ってしまって歩きにくく、足腰を痛めてしまう危険があります。そのため、ペット対応の床をお勧めします。または、部分的に洗ったり交換したりできるよう、高耐久のフロアパネルをご提案することもあります。余裕があればペット専用のお部屋をつくってもいいでしょう。犬の場合はシャワーやお手入れがしやすいよう、シャワー用の水栓を付けたりしたいので水回りの近くや土間にペット専用の空間をつくってもいいかもしれません。

 

■断熱材や壁材でにおい対策
ペットを飼うご家庭のお困りごとのひとつに、ペットのにおいがあります。ペットと暮らす家づくりではにおい対策も重要です。WAKUWAKUハウスの場合では、断熱材として使用しているセルロースファイバーや、壁材のコットンクロスで消臭効果が期待できるためペットがいるお家には最適。セルロースファイバーは新聞古紙、コットンクロスはオーガニックコットンを主原料としているため、動物はもちろん、人間の体にとっても優しい空間になります。

 

■自由に移動できるようにする
ペットのストレスを軽減し、運動不足にならないようにするためには、できるだけ行き止まりが少なく、自由に行き来できるお家にすることが大切です。
ペットが自由に出入りできる専用のドアを設置するのもひとつの案。最近ではマグネットストッパーで開閉ができるものも多いので、ペットの自由とお部屋の冷暖房効率を両立させることが可能です。ただし、室内外が推奨されている猫の場合、玄関やバルコニー、窓から脱走されないような対策も必要。玄関に通じる扉は猫が自由に行き来できないようにしましょう。またペットが網戸を引っかいても破れにくいペット対応の網戸などもあります。

 

■外まわりにも配慮が必要
玄関先には外部水栓を設置するのがおすすめ。散歩からの帰宅時にとても便利です。お湯が出るようにしておくと、冬場でも快適に使えます。
また、玄関やお庭から飛び出さないよう、玄関前に間仕切りを設置したり、外には柵を設置することも大切です。

そして何より、飼っているペットの性格や特性に合わせることが大切です。
家づくりの際はお気軽にご相談ください!

_MG_7728[1]
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-83-0909 0120-83-0909
9:00~18:00
Company

拠点とする大阪市内・大阪南部エリアなどにおいて住宅建築や修繕工事に迅速に対応いたします

概要

店舗名 WAKUWAKUハウス
会社名 株式会社山喜
モデルハウス住所 〒558-0023
大阪府大阪市住吉区山之内1−23−11
電話番号 0120-83-0909
営業時間 9:00~18:00
定休日 水、木
本社所在地 〒558-0032
大阪府大阪市住吉区遠里小野5-18-12

アクセス

打ち合わせから住宅引き渡し後まで、お客様に安心をお届けできるように努めております。大阪市内や大阪南部エリアなどのお客様を中心に、施工後のトラブルなどにも迅速に対応できるよう住宅建築や修繕工事を承っています。
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-83-0909 0120-83-0909
9:00~18:00
Contact

お問い合わせ