3階建て住宅を建てる際はコレに注意して!
大阪のリフォーム・注文住宅の工務店
WAKUWAKUハウス
ずっと安心ずっとワクワク

こんにちは!大阪市、堺市、松原市で注文住宅、リフォーム、リノベーションをする工務店WAKUWAKUハウスです。

WAKUWAKUハウスでも都市部や狭小地など、20坪以下の土地に家を建てる場合、3階建てのお家をご提案することがあります。3階建てはメリットもある一方注意しないといけない点もあります。今回はそんな3階建てのお家を設計する際の注意点や、ポイントをお伝えします!

生活動線に注意

マンションなどに住んでいると、家の中では横移動(平行移動)が多いのですが、3階建ての住宅の場合、縦の移動(上下の移動)が多くなります。横移動と縦移動では生活するうえで思っているよりギャップがあるので、生活動線にはより気をつけなければなりません。

 

動線が悪いと階段の上り下りが多く発生したり、生活空間が分断されてしまったりします。

例えば3階建て住宅の間取りとして多いパターンが、広さを重視して寝室が1階と3階で分かれていたり、収納がなかったりするお家。生活してみるととても使いにくいことに気づくと思います。ライフスタイルや生活動線は家庭によって様々なので、使いやすい間取りも家庭によって異なります。3階建てだからこそ、しっかりとご家庭ごとの生活動線を考えた上での設計が必要になります。

20210605_002[1]

2階建てよりコストがかかる

構造上、2階建てよりコストがかかってしまうのは間逃れない事実。そのため、土地が狭ければ全ての方に3階建てをおすすめする、というわけではありません。そのご家庭のライフスタイルやご希望をお聞きし、逆に2階建てをご提案することもありますし、3階建てで1階部分はガレージにすることをご提案したりもします。コストがかかるからこそ、やはり丁寧なヒアリングが大切だと考えます。

R5K_3801

できるだけ眺望や抜け感をつくる!

都市部や狭小地では周りを建物に囲まれていたり、自然光が入りにくかったりすることも少なくありません。そのため、周囲からの視線が気にならない範囲で“抜け感”をつくる工夫をします。高窓を設置して効率よく光を取り入れたり、中庭をつくったり、高めの柵を設置した広いバルコニーをつくるなど、できるだけ開放感を演出します。3階の上に屋上をつくるのもおすすめ。3階の上なら周囲からの視線もほとんど気にならず、眺望が楽しめることも多いです。プライベートガーデンのような感覚で非日常を味わえます。

R5K_6497_S

当社では3階建て住宅の設計を数多く手掛けており、お客さまにジャストフィットしたお家をご提案することが可能です。本当に3階建てが適しているのかどうかも含め、ぜひ一度ご相談ください!

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-83-0909 0120-83-0909
9:00~18:00
Company

拠点とする大阪市内・大阪南部エリアなどにおいて住宅建築や修繕工事に迅速に対応いたします

概要

店舗名 WAKUWAKUハウス
会社名 株式会社山喜
モデルハウス住所 〒558-0023
大阪府大阪市住吉区山之内1−23−11
電話番号 0120-83-0909
営業時間 9:00~18:00
定休日 水、木
本社所在地 〒558-0032
大阪府大阪市住吉区遠里小野5-18-12

アクセス

打ち合わせから住宅引き渡し後まで、お客様に安心をお届けできるように努めております。大阪市内や大阪南部エリアなどのお客様を中心に、施工後のトラブルなどにも迅速に対応できるよう住宅建築や修繕工事を承っています。
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-83-0909 0120-83-0909
9:00~18:00
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事